レジンで手作りアクセサリー~透き通る押し花ネックレスの作り方~

 

今回は、レジンの型を使って透き通る押し花のネックレスの作り方をお伝えしていきたいと思います。

2液性のエポキシを使わずに、普通のUVレジン液でも透き通るレジンは綺麗に出来るんです!

シリコンの型は様々な形のものがありますが、今回は比較的作りやすい薄型の長方形で作っています。

では、順を追って作り方を説明していきますね~!

●レジン型を使ったネックレスの材料

今回使用した材料はこちらです。一つずつ説明していきますね。

  1. UVレジン液…ハードタイプを使用しました。
  2. ヴィトラーユ…レジン液を着色する専用液です。
  3. 押し花…かなり小さめの押し花です。
  4. ラメホロ…キラキラを出す為に使用しました。
  5. チェーン…メーター売りしているものを使用しました。
  6. アジャスター…チェーンに繋ぐ金具です。
  7. カニカン…アジャスターと繋ぐ金具です。
  8. 丸カン…アクセサリー金具などを繋ぐ金具です。
  9. レジン型…シリコンの型です。

シリコン型を使ってレジンを作成する場合、2液性のエポキシを使用する事がありますが、シリコン型が痛みやすいのでUVレジン液で作りました。

ヴィトラーユには何種類かカラーがあるのですが、今回はパルマという紫っぽいのをしようしました。楽天やAmazonなどで購入出来ます。

横幅が1cmぐらいの長方形の型を使用したので、かなり小さい押し花を使用しています。こちらも楽天やAmazonなどで購入出来ます。

シリコン型は一つの型のものや10種類以上のものと色々ありますが、今回は何種類か作れて穴あけの必要がないものを使用しました。

シリコン型も楽天やAmazonなどでレジンを扱っている店舗なら販売しています。

●道具はどんなもの?

道具の詳しい説明はレジンで手作りアクセサリーを簡単に作る方法~レジン初心者向け!~をご覧になってくださいね!

●先ずは動画で作り方を見てみましょう!

何はともあれ、始めに動画で作り方の流れをご覧ください。

レジン液にヴィトラーユを混ぜるところを間違ってカットしてしまいました(;´Д`)
この後詳しく説明していきますので、お許し下さい(ToT)

●レジン型を使ったネックレスの作り方

こちらが今回作成した透き通る押し花ネックレスです。
では作り方をお伝えしていきましょう!

1.レジン液を着色して型に入れる

  1. クリアファイルの切れ端などにレジン液を乗せます。
  2. ヴィトラーユをつま楊枝などでほんの少しつけて混ぜます。
  3. シリコン型に流し込み広げます。
  4. 一度硬化します。

球体のレジンや大きな型でレジンを作る場合は、着色などに使う専用の容器を使ったほうが早いですが、そんなに量を使う訳ではないので、クリアファイルの切れ端で十分間に合います。

ヴィトラーユ液は入れる量でカラーの濃淡を変えられるので、今回はつま楊枝にちょっとつけて垂らす程度で十分です。

小さい型や薄いフレーム・ミール皿に入れる場合はつま楊枝で少しずつ入れますが、今回はクリアファイルを型のそばで横にして流し込むようにして入れてみました。

気泡を潰しながら隅々まで広げたら、一度UVランプで硬化します。

2.最初の装飾は?

  1. キラキラ感を出すためにラメホロを少し入れます。
  2. パールなど厚みのあるものを入れます。
  3. また硬化します。

ここでは、レジン液を足した後に厚みのあるデコパーツやパールなどを入れます。押し花を最初に入れてしまうと見えにくくなるのでまだ入れません。

厚みのあるパーツを入れたら硬化します。

3.二番目の装飾

  1. レジン液を薄く足します。
  2. 押し花を入れます。
  3. ちょっと目立つラメホロを入れます。
  4. 硬化します。

ここで押し花を入れます。これでかなり上の層に押し花を入れ込む事が出来るので、仕上がった時に押し花が綺麗に見えます。

押し花を隠さない程度にラメホロのハート型を入れてみました。そしてまた硬化します。

4.裏側も仕上げのレジン液?

  1. 一度型から外して裏返して型にはめてレジン液を塗ります。
  2. また硬化します。
  3. 型から外して表側に仕上げのレジン液を塗ります。
  4. 最後の硬化をします。

この段階だと、シリコン型の上までレジンが埋まっていないので、裏返してはめてもレジン液を塗る事が出来ます。裏側にもレジン液を塗って硬化することで、仕上がりが綺麗になります。

最後は型から外して、表面を仕上げます。これでネックレストップの完成です(*^^*)

●ネックレスの金具をつける

ネックレストップが出来たら、チェーンや金具をつけるだけですね!

  1. ネックレストップの穴に大きめの丸カンをつけます。
  2. 丸カンをもう2つつけてチェーンを通します。
  3. チェーンの右側にカニカンをつけます。
  4. 左側にはアジャスターをつけます。

ネックレストップにつける金具は、チェーンを通すための金具なので、大きめの丸カンじゃなくバチカンというお洒落な金具をつけると高級感が出ますよ(≧∇≦)/

ネックレストップに使用した丸カンにチェーンが通らなかったら、丸カンを2つつけます。2つつけないとネックレスの向きが逆になってしまうんです。

金具を全部つけたら出来上がりですヽ(=´▽`=)ノ

押し花を使ったレジンのネックレスはUVレジンと100均の材料で作る押し花ネックレスの作り方でもご紹介していますので、良かったら読んでみてくださいね(*´ェ`*)

●まとめ

透き通る押し花ネックレスはいかがでしたか?おさらいをしましょう。

  • クリアファイルの切れ端にレジン液を乗せ、ヴィトラーユをつま楊枝で少量垂らして混ぜます。
  • シリコン型にレジン液を流し込むようにして入れ、気泡を潰しながら隅々まで広げます。
  • 一度硬化してレジン液を入れ、厚みのあるデコパーツやパールなどを入れます。
  • また硬化したらレジン液を入れ、ラメホロや押し花を入れ、また硬化します。
  • 一度型から取り出して、裏返して型に入れ、レジン液を塗って硬化します。
  • 型から外して表面の仕上げをします。
  • ネックレストップに丸カンかバチカンをつけ、チェーンを通します。
  • チェーンの右にカニカン、左にアジャスターをつけます。

初めてシリコン型を使ってレジンを作るのはちょっと難しいかもしれませんが、慣れればどんな型でも出来るようになりますので、諦めずに作ってみてくださいね(#^.^#)

シリコン型を使う事で、形はある程度決まりますが、中に何を入れるかでオリジナリティーが出ますので、ハンドメイドとしてやりがいがありますよ!

私は作成したアクセサリーなどを販売もしていますが、販売目的で作っている訳ではないので、欲しいと言ってくれる友達にはすぐにあげてしまいます^^;

販売目的でも趣味でも、レジンはハマる方が多いので、先ずはご自身が覚えてお友達にも教えてあげてはいかがでしょうか(*^^*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。