手作りピアスの作り方~折り鶴と桜のレジンで春のピアスを作る~

   2017/02/27

今回の作品は、ずっと前からご紹介しようと思って忘れていた折り鶴を使ったピアスの作り方です(≧∇≦)/

鶴と亀というのも考えていたのですが、鶴のほうが折りやすかったので鶴にしました^^;

せっかくなので和風にしようと思い、桜のレジン空枠を使ってチャームを作り、鶴と一緒にぶら下げる事にしました。

それでは、今回もなるだけ分かりやすくお伝えしていきたいと思っていますので、一緒に作っていきましょうねヽ(=´▽`=)ノ

●材料のご紹介

  1. UVレジン液…ハードタイプのUVレジン液です。
  2. ヴィトラーユ液…レジン液などを着色する液体です。
  3. 折り紙…100均で売っている友禅柄の折り紙を使用しました。
  4. レジン空枠…レジンやチャームとして使用する空枠です。
  5. ピンバイス…手動で穴を開けるドリルです。
  6. 丸カン…色々なパーツや金具を繋げるための金具です。
  7. ピアス金具…フックタイプのピアス金具です。
  8. ビーズ…2mmぐらいのシードビーズです。
  9. 9ピン・Tピン…他のパーツなどと繋げられるようにする金具です。

今回使用した材料のほとんどが100均で購入できるものばかりですが、私のように沢山アクセサリーを作りたいという方には、楽天やAmazonなどでまとめて購入するとお得になります。

ヴィトラーユ液とピンバイスは楽天やAmazonで格安で販売していたものを購入しました(#^.^#)

今回フックピアスの金具の金色がなくてアンティークの物を使用しています(ToT)なるべく、金具の色は統一した方がいいです(;´Д`)

●道具のご紹介

  1. 丸ヤットコ…Tピンや9ピンの先端を丸めたりする時に使用します。
  2. 平ヤットコ…丸カンの開閉時やワイヤーを曲げたりする時に使用します。
  3. ニッパー…Tピンや9ピン・針金などをカットする時に使用します。

Tピンや9ピンの先端を丸める時には、丸ヤットコを逆手に持ち、手のひらを返すように丸めるとやりやすいですよ(*^^*)

丸カンの開閉時には、平ヤットコと丸ヤットコで前後にズラすようにすると綺麗に出来ます。

●動画で作り方を見ておこう!

それでは、作り方を先ずは動画でご紹介していますので、そちらをご覧くださいね。

作り方何となく掴めましたか?
では、この動画を更に詳しく説明していきますよ~

●手作りピアスの作り方

今回のピアスの完成品です。ピアス金具の色が違うのがやはり気になります(ToT)

1.折り紙で鶴を折る

  1. 折り紙を1/16にカットします。
  2. 鶴を2つ折ります。

折り紙を切る時は、折り目をつけてカッターの歯を机にピッタリくっつけるようにして切ると、ハサミでカットするより綺麗に切れます。

鶴の折り方を忘れてしまった方は、一応動画にも入れていますので、それを見ながら作ってみてください。

2.折り鶴をレジンで加工する

クリアファイルにレジン液の乗せて、つま楊枝で少しずつ折り鶴にレジン液を塗っていきます。

裏側にも綺麗に塗ってから硬化しましょう。

3.桜の空枠でレジンのチャームを作る

  1. クリアファイルにレジン液を乗せます。
  2. 顔料を混ぜます
  3. 顔料を混ぜたレジン液を桜の空枠に入れて硬化します。
  4. 裏返してレジン液を塗って硬化します。
  5. 表に仕上げのレジン液を塗って硬化します。

なるべく桜色に近い色になるように顔料を少し入れて混ぜるようにします。粉が玉にならないように潰しながら混ぜましょう。

小さい空枠なので、つま楊枝でちょっとずつ入れないと溢れてしまうので気をつけましょう。

レジンはぷっくりした方が可愛くなるので、仕上げのレジン液は表面がぷっくりするように塗りましょう。

●ピアスのパーツを繋げる

1.折り鶴とレジンの下準備

  1. 桜のレジンと折り鶴にピンバイスで穴を開けます。
  2. 折り鶴にTピンをつけ、先端を丸めます。

折り鶴はお尻の方から穴を開けると、鶴が潰れにくくやりやすですよ!

Tピンを丸める時に、折り鶴を潰さないように気をつけましょう。

2.飾りのビーズの下準備

9ピンにビーズを2つ入れて先端を丸めます。これを2つ作っておきます。

3.各パーツを繋げる

  1. 折り鶴とビーズを丸カンで繋ぎます。
  2. 丸カンに桜のレジンをつけ、折り鶴とピアス金具に繋げます。

今回は左右のレジンをあえて違う形にしてみました(#^.^#)
桜の形と桜の花びら2つという感じで変えています。

●まとめ

今回の折り鶴と桜のレジンのピアスはいかがでしたか?鶴の折り方覚えていましたか?
それでは軽くおさらいしておきましょう!

  • 折り紙を1/16にカットして折り鶴を2つ作ります。
  • 折り鶴にレジン液を塗って硬化します。
  • 桜の空枠に顔料を混ぜたレジン液を入れ硬化します。
  • 裏も表もレジン液を足して硬化します。
  • 折り鶴とレジンにピンバイスで穴を開けます。
  • 折り鶴にはTピン、ビーズには9ピンをつけます。
  • それぞれのパーツをピアスの金具に繋げます。

こんな感じでしたね(#^.^#)春っぽいピアスですが、和柄なので和装の時にも使えると思いますよ\(^o^)/

この鶴の折り紙を使ったピアスは販売しているサイトでも好評で、私も凄く気に入っています。

折り紙1枚で8個も作れると思ったら、原価は…って感じですよね( ̄ー ̄)ニヤリ

ハンドメイド作品の販売を考えている方は、是非アレンジして作ってみてくださいね!

近日中に、折り鶴を使ったもっと和風のピアスの作り方をご紹介したいと思っていますので、また見に来てくださいヽ(^。^)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。