UVレジンでアクセサリー作り~押し花いっぱいのペンダントトップ~

 

ちょっと変わっったレジン枠を購入したので、シリコン型も使って押し花をいっぱい詰め込んだペンダントトップを作りました(*´ω`*)

シリコン型のしずくレジンでもいいかな?と思ったのですが、ペンダントトップにするならレジン枠を使って片側は平面にした方がいいと思ったんです(^_^;)

作り方はいたって簡単なので、100均で売っているレジン枠ですぐに作れちゃいますよ(#^.^#)

●押し花いっぱいのペンダントトップの材料

  1. レジン枠…レジン枠と言うよりアクセサリーパーツな感じです。
  2. 丸カン…色々な金具やパーツを繋ぐアクセサリー金具です。
  3. ヒートン…レジンなどに穴を開けて他のパーツを繋げられる金具です。
  4. レジン用着色剤…ヴィトラーユ液や宝石の雫など、専用の着色剤です。
  5. エフェクトパウダー…ピカエースのホワイトです。
  6. 押し花…レジンやネイルなどによく使われるカラフルな押し花です。

今回使用したレジン枠は仕入れ問屋で購入したものですが、普通のしずく型のレジン枠や押し花などは100均でも売っています(*^^*)

レジン用着色剤やエフェクトパウダーは、楽天やAmazonなどで売っています(#^.^#)

●動画で作り方を見ておこう!

作り方の説明をする前に、動画でサクッと作り方を見ていただいた方が分かりやすいと思いますのでご覧ください(*^^*)

動画で伝えきれなかった部分も含め詳しく説明していきますね(*´ェ`*)

●押し花レジンの作り方

仕上がりはこんな感じになります(*´ω`*)

押し花いっぱいのペンダントトップ完成品

1.シリコン型を使ったレジンの作り方

シリコン型にレジン液を入れ、全体に伸ばしたら一度硬化します。

シリコン型はレジン液をはじきやすいので、伸ばしたらすぐ硬化するようにしましょう。

レジン液を足して押し花を裏返しにして、レジン液の中に沈めるように入れたら硬化します。

ここで硬化しておくことで、次に入れるカラーのレジンが混ざりにくくなります。

レジン液を5色ぐらいに着色して真ん中を開けて周囲にそっと入れていきます。

押し花の色と入れるレジン液の色が被らないように配置や色を考えておきましょう(#^.^#)

真ん中の部分にクリアのレジン液をそっと流して、混ぜないでそのまま硬化します。

2.しずく型レジンの仕上げ

レジン液にエフェクトパウダーのホワイトを混ぜます。

そのレジン液を型いっぱいに入れて硬化します。硬化した時にはみ出したバリなどがあればヤスリやニッパーで取っておきましょう。

●レジンのペンダントトップ仕上げ

1.レジン枠の下地作り

クリアのレジン液を塗り広げて硬化した後に、白く着色したレジン液を塗り広げてまた硬化します。

今回はあえて白いレジン液を下地にしましたが、この下地にエフェクトパウダーを入れても綺麗だと思いますよ(*´ェ`*)

2.ペンダントトップの仕上げ

レジン枠の上部にヒートンを乗せ、レジン液をつけて硬化します。

レジン液を少しつけて、出来上がったレジンを枠に合わせって乗せて硬化したら完成ですヽ(=´▽`=)ノ

●まとめ

押し花いっぱいのペンダントトップの作り方はいかがでしたか?そんなに難しくはなかったと思いますが、おさらいをしておきますね(*^^*)

  • シリコン型にレジン液を入れ、全体に広げたら一度硬化します。
  • シリコン型にレジン液を足して、押し花を裏返してレジン液に沈めるように入れて硬化します。
  • レジン液を5色ぐらいに着色して、押し花の色と被らないように周りに入れていきます。
  • 真ん中にクリアのレジン液を足して、混ぜないでそのまま硬化します。
  • レジン液にエフェクトパウダーを混ぜ、シリコン型いっぱいに入れて硬化します。
  • レジン枠にレジン液を塗り広げて硬化したら、白く着色したレジン液を入れてまた硬化します。
  • ヒートンを乗せてレジン液をつけ硬化します。
  • レジン液を少しつけて出来上がったレジンを枠に合わせて乗せて硬化したら完成です。

ちょっと大人の装いの押し花ペンダントトップを作ってみましたが、ペンダントにする際にチャームなどの飾りをつけてもいいと思いますよ(*´ェ`*)

私はこのままでチェーンを通して、ワンピースなどに合わせて使っています(*´艸`*)

日々作ってみたいものを自由に作っている私ですが、皆さんからのリクエストにも応えられるよう、色々練習もしていますので、何かありましたら遠慮なくご連絡くださいね(*´ω`*)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。