手作りでリングピローを作る~ピローの作り方と薔薇の作り方~

 

さぁ、ピロー本体と薔薇の花が出来上がったので、後は装飾すれば完成ですからね\(^o^)/

●リングピローの装飾を動画でチェック!

ここで、リングピローの装飾についての動画をご覧ください(#^.^#)

●リングピローの装飾の仕方

1.パールの下処理をする

今回使用したパールは樹脂パールと言って、塗料などが穴のところについていたりして、バリが出ていたりします。

このままでは針が通らないので、目打ちを使ってバリを取ります。

2.サテンのリボンを飾る

0.7mmのサテンリボンを、普通にリボン結びして端っこを斜めにカットします。

ピローの本体にリボンを縫い付けます。上に薔薇を飾るのでバランスを見て塗ってくださいね(*^^*)

3.サテンリボンの薔薇を飾る

先程作った薔薇の花をリボンの上辺りに縫い付けます。

縫い目が見えないように、すくい縫いをした方が綺麗に仕上がりますよ(#^.^#)

4.パールで飾る

ピローの真ん中にパールを縫い付けます。ピローが少し凹むぐらいが可愛いと思います(*´ェ`*)

右半分の空いた部分に、パールをランダムに縫い付けます。

玉どめするのは、レースの部分など目立たないところにしましょう(*^^*)

これでリングピローが完成しましたヽ(=´▽`=)ノ

●まとめ

手作りのリングピローはいかがでしたか?お裁縫が得意な方はチョチョイのチョイだと思います(≧∇≦)/

私は本当に裁縫が苦手なので、だいぶ苦労しました(笑)

それでは、最後に軽くおさらいをして終わりにしますね(#^.^#)

  • 厚めの紙にリングピローの形を書いてカットし、型紙を作ります。
  • サテン生地の裏に型紙を固定してチャコペンなどで型を書きます。
  • 型から5mmほど外側に縫い代の線を書き、その線に沿って生地を切ります。
  • 生地は2枚用意します。
  • レースとオーガーンジーリボンを重ねてぐし縫いし、型の外周の長さまで糸を引いてヒダを作ります。
  • レースと生地の表側を合わせて、縫い代線に沿って縫い付けます。
  • もう1枚の生地の表側を内側にして合わせて縫い合わせます。
  • 5cmほど残したところから裏表をひっくり返します。
  • 残した穴から綿を詰め、縫い代線に合わせてすくい縫いをしてピローを完成させます。
  • サテンのリボンで薔薇の花を作っておきます。
  • 0.7mmのサテンのリボンでリボン結びをし、端っこを斜めにカットします。
  • サテンのリボンと薔薇の花を縫い付けます。
  • 真ん中にパールを塗って、ピローが少し凹むようにします。
  • 右側の空いた部分にパールをランダムに縫い付けたら完成です。

冒頭でもお話したように、今回は友達のリクエストだったので頑張って一から作りました(^_^;)

100均の材料ばかりだったので、どんなに安いところで買うよりもかなり低価格で作ることが出来ましたよ(#^.^#)

私の裁縫のクオリティーがもっと良ければプレゼントも出来るなぁと思いました^^;

ネットでは手作りキットが人気のようですが、全て手作りというのは、オリジナリティーがあっていいと思いますよ(*´艸`*)

ページ: 1 2 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。