レジンで手作りキーホルダーを作る~初心者向けの作り方~

 

レジンを使った初心者向けの簡単な手作りキーホルダーの作り方をご紹介したいと思います。

100均などで売っているレジン用のミール皿がついたキーホルダーを使って作るので、とっても簡単で初めての方におススメですよ!

キーケースに収まらないリモコンのついた車のキーなどは、やはりキーホルダーにつけたいですよね(*^^*)

今回はイニシャル入りとシンプルなデザインの物を作ってみました。

●手作りキーホルダーの材料

これがキーホルダーを作る材料ですが、これ全部使うわけではありません^^;

では、材料の詳しい説明をしていきますね。

  1. UVレジン液…UVランプで固まる透明な液体です。
  2. グリッター類…きめ細かいパウダーやシェル・ラメなどです。
  3. 紙ナフキン…100均などで売っている普通のナフキンです。
  4. レジン用キーホルダー…レジンが出来るミール皿がついています。
  5. デコパーツ…レジンやネイルなどに使われるパーツです。

UVレジン液には、ハードタイプとソフトタイプがありますが、今回使用したのはハードタイプのものです。100均でも売っていますし、楽天やAmazonなどでは容量の多いものが売っています。

グリッターも100均で色々な種類のものが販売されていますね(*^^*)カラーをつけたい時やキラキラさせたい時に使うと凄く綺麗です。

紙ナフキンは、イニシャルの英字が欲しかったので、デコパージュ用に100均で購入したものを使いました(笑)

ハンドメイド用のキーホルダーにもいくつか種類がありますが、レジンが出来るようになっているものを使用します。

●レジンの道具

道具というほど種類がある訳ではありませんが、こんなものがあるといいですよ!って事で説明しますね。

  1. UVランプ…レジンやジェルネイルをやる時に使用する道具です。
  2. つま楊枝…平筆などでもいいのですが、つま楊枝の方が使い捨てできて意外と塗りやすいんです(#^.^#)
  3. 三角トレイ…デコパーツやラインストーンを入れます。
  4. ピンセット…わし口タイプが使いやすいです。

太陽光でも固まるレジン液がありますが、楽天などで格安で売っているので一つ持っておくと便利ですよ!私は980円で購入しました^^;

Iphoneケースなど大きな物に塗る時は平筆の方がいいですが、小さいものはつま楊枝の方が混ぜやすく使いやすいですよ!

ピンセットは100均でも楽天やAmazonでも売っているので、もし購入するならわし口タイプが掴みやすくて便利です。

●動画で解説!作り方を見てみよう

百聞は一見にしかず!という事で、どんな感じで作っているのかご覧ください。

いかがでしたか?編集はしていますが、サクッと出来ちゃう様子がお分かり頂けたと思います(*^^*)

では、作り方の詳細を説明していきますね。

●手作りキーホルダーの作り方

1.イニシャルを入れる

先ずは、ベースとなるイニシャルを入れるところまで説明していきますね。

  1. UVレジン液をミール皿の上に少し乗せます。
  2. つま楊枝で隅々まで広げます。
  3. グリッターとラメを入れて混ぜます。
  4. カットした紙ナフキンを乗せます。
  5. 一度UVランプで硬化します。

最初のレジン液は薄めに広げるように塗りましょう。後で何度か上乗せしていく時にこぼれてしまいますからね^^;

ミール皿の隅々までキチンとつま楊枝で広げてあげましょう。

グリッターやラメを入れたら、つま楊枝で軽く混ぜながら全体に行き渡るようにしましょう。

2.デコパーツで装飾する

一度硬化したら、次の作業に入ります。

  1. UVレジン液をまんべんなく塗る
  2. 飾りたいデコパーツを乗せる
  3. UVランプで硬化する
  4. 仕上げにUVレジン液を乗せて綺麗に広げる
  5. もう一度UVランプで硬化する。

二度目のレジン液も薄めに広げていきましょう。

デコパーツはネイルなどで使用するものを使っても可愛いですよ(#^.^#)

最後のレジン液は、全体が盛り上がるように乗せます。こぼれないように注意してくださいね。それで硬化したら完成ですヽ(=´▽`=)ノ

●シンプルなキーホルダー

1.ベースの手順は同じ

こちらはもっとシンプルなデザインにしたキーホルダーです。手順は先ほどと同じですが、順序だけ説明していきますね。

  1. UVレジン液を薄く塗り広げます。
  2. グリッターとラメを入れて混ぜます。

はい!ベースは全く同じですね(^_^;)

飾りたいデコパーツが薄いものなら、先に硬化してから二回目に乗せた方が綺麗になります。

2.デコパーツを乗せたら硬化する

今回飾るデコパーツが立体的なので、硬化する前に乗せておきます。厚みが出てからだと上に出っ張ってしまいます。

一度硬化させたら、またUVレジン液を塗り広げて更に硬化します。

3.仕上げはふっくら?

写真は出来上がった物です。横からの画像がなくて申し訳ないのですが、ふっくらとしているんです。

ミール皿や型枠などを使用してレジンを作る場合は、最後の仕上げでレジン液を盛り上がるように乗せると綺麗に仕上がるんです!

●まとめ

今回の手作りキーホルダーはいかがでしたか?レジン初心者でも出来ちゃいますよね!

では、おさらいをしていきますね。

  • 最初のUVレジン液は薄めで、隅々まで塗り広げましょう。
  • グリッターやラメを入れたら、つま楊枝で軽く混ぜて広げましょう。
  • デコパーツを乗せたら一度硬化します。
  • 他にもデコパーツを乗せるなら、UVレジン液を薄めに塗ります。
  • 仕上げのレジン液はふんわり盛り上がるように塗り広げましょう。

はい!とっても簡単でしたね~

レジンを使ったハンドメイドはとても人気があり、カルチャー教室などもありますよね。

でもこれを読めば、お金を出して教室に行かなくても出来ちゃうって事がお分かり頂けたのではないでしょうか?

私も数々の作品を作っていますが、カルチャー教室に通ったのはフラワーアートぐらいで、後は独学なんですよ!

あ!別に自慢ではなくて、誰にでも簡単に出来るって言いたいんです\(^o^)/

では、またお会い出来ることを祈って…(^^)/~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。